• 交通のご案内
  • 館内マップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
文字の大きさをお選びください。
小
標準
大


ここは医療者関係者の方のページです
  • 心臓血管センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 糖尿病代謝内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 臨床検査センター
  • 先端画像医学センター
  • 医師の紹介
  • 研究と実績
  • 採用情報
  • 地域医療連携室
  • 採用情報
  • 動画・スライドによる医療紹介

現在位置:トップページ > 医療関係者の方 > 統合医療安全管理室

一つ前のページへ

統合医療安全管理室



〜虫(むし)の目、鳥(とり)の目、魚(さかな)の目〜
「虫の目」は近いところで、複眼をつかって様々な角度から注意深く見る目のこと。
「鳥の目」は虫では見えない広い範囲を、高いところから俯瞰(ふかん)する目のこと。
そして「魚の目」とは水の流れや潮の満ち干を、つまり世の中の流れを敏感に感じる目のこと。


目的 〜チーム医療の充実に向けて〜
 病院が有効に機能するには多くの職種の職員の協力が必要であり、すべての診療行為はチームでなされる。各職種から担当者が集まり、目的別・障害別に特化したチームを作って活動する。特にこれらの職種横断的活動は、チームとしての活動を強調してチーム医療と称される。平成22年度の診療報酬改正では、チーム医療重視の視点が明確に打ち出され、以前から認められていた医療安全、褥瘡管理については加算点数の上乗せがあり、新たに、感染管理、栄養管理、呼吸管理も加算対象となった。

 当院における院内の職種横断的活動として、医療安全管理室・感染対策室・褥瘡管理室が中心となり、それぞれ医療安全チーム(RMT)、感染対策チーム(ICT)、褥瘡管理チーム(WOC-T)が活動してきた。さらに栄養管理課・臨床工学技士が中心となり栄養サポートチーム(NST)、呼吸サポートチーム(RST)が活動している。これらは、いずれもが密接に関連して機能するものであることから、平成22年度より、これらのチームをまとめる場として統合医療安全管理室が創設された。

指針
1 チーム医療の中心となる
@現在機能している各職種横断的チーム活動はその専門性を高める。
A統合医療安全管理室スタッフはそれぞれの専門性を発揮するとともに、各チームの活動を補強する。

2 現場主義
@統合医療安全管理室スタッフは、現場に赴くことを旨とする。
A統合医療安全管理室は虫の目活動を展開する。その具体策として各チームとともに院内ラウンドに参加する。それぞれの専門性を活かし、専門のみではなく関連チームのラウンドにも積極的に参加する。

統合医療安全管理室
RST  ICT  NST
WOC−T  RST


第26回 感染対策セミナー

 この度、仙台厚生病院・院内感染対策セミナーのWEB受講にお申込をいただきありがとうございます。こちらからデータをダウンロードしてご覧ください。
期間内にダウンロードしていただきますようお願いいたします。

ダウンロードはこちらから
【新型コロナウイルス感染症対策】セミナースライド
ダウロード期限

令和2年6月29日(月)〜7月5日(日)
ファイルを開く際に、郵送にてお送りしたパスワードを入力して下さい。

講師

聖マリアンナ医科大学 感染症学講座教授
聖マリアンナ医科大学病院 感染症センター長
國島 広之 先生

お問い合わせ

仙台厚生病院 代表  022-222-6181
統合医療安全管理室 感染対策チーム



サイトポリシー

copyright(c) Since2004 sendaikouseihospital. all rights reserved.