診療科

不整脈科

県内外より多くの患者さんが
紹介受診され、全国でも有数の
症例数から得られる豊富な経験を元に、
“東北の最後の砦”となるべく
不整脈診療に当たっています。

お知らせ

心電図相談

スマートウォッチ(アップルウォッチ)心電図診断を開始しました。

不整脈と表示されて困っていませんか?
このようなお悩みはありませんか?
  • スマートウォッチで「不整脈」と表示されたけど心配…
  • 病院に行ったほうがよいかわからない
  • 心電図について診断してほしい

当院の不整脈科にご連絡ください
下記のご相談フォームより必要事項を入力しお問合せください。心電図の診断と不整脈科への受診の必要性をメールでご返信いたします。

Apple Watchなどのスマートウォッチで不整脈(主には心房細動)と診断された方、動悸などの自覚症状がある時の心電図記録をお持ちの方、あるいは健康診断で心電図異常を指摘された方が、心電図記録の画像ファイル(PDF, JPEG, PNG)を上記相談フォームから送ると、医師が無料で心電図読影をして医療機関を受診すべきかどうか、をメールでアドバイス致します。

失神外来

東北初、失神外来を開設しました。

その失神、危ない不整脈が原因かもしれません。正しく検査しましょう。
あなたは、こんな症状を経験したことありませんか?
  • 気絶した
  • 意識が無くなって転倒した
  • 転んで頭をぶつけた
原因を詳しく調べて正しく治療するため是非一度ご相談ください。
失神外来担当: 不整脈科 第1・3木曜日 午前

失神とは?

失神とは、脳全体に十分な血液が供給されなくなるために、一時的に意識を失う症状のことをいいます。一般的に「失神する」、「気絶する」などといわれています。

失神の原因には様々なものがあり、多くは危険性の低いものですが、心臓病、特に不整脈が原因となることも少なくありません。、心臓病を原因とする失神は寿命を短くする可能性が高いと報告されています。そのため、原因を早期に突き止め、それに応じた治療を行うことは重要です。

ICM(植込み型心電図記録計)とは?

ICMは左前胸部の皮下に植え込むだけの超小型の医療機器です。
原因のわからない失神には最も有効な診断方法です。

植込みにかかる時間は5分程度で、ICM植え込み後は今まで通りの生活を送ることができます。

ICMを植え込んで24時間毎日心臓の動きに異常がないか自動で監視することで、失神発作や感じている不快な症状の原因をつきとめます。

ドクターインタビュー

不整脈科科長山下 賢之介
心臓血管センターとして、
シームレスな連携をする事で
最善な医療を提供

基本情報

トピックス

診療科について

不整脈科は頻脈性不整脈、徐脈性不整脈の症例を主として担当していますが、
スタッフは全員が循環器内科兼任となり、不整脈以外の緊急カテーテル治療も行う体制です。

不整脈治療には欠かせない専属の臨床工学技士と協力し、また専属の診療看護師の存在で
業務のタスクシフトを行い、医師が治療に専念出来る環境を整え、質の高い治療を実践しています。

結果として多くの患者さんの治療を行うことが出来るようになり、難治性症例への対応も可能になっています。

治療実績と症例数

患者さんの紹介について

救急患者さんをご紹介いただく場合

CCU看護師が対応致します。代表電話022-222-6181でも結構ですが、専用電話の方がスムーズにつながります。なお、モービルCCUが必要な場合は、その旨遠慮なくお申し付けください。

通常のご紹介の場合

外来診療におけるスケジュールは下記の通りとなっております。受診される場合は紹介状(診療情報提供書)と保険証をご持参の上、病院本館1階医事課新患窓口にお越しください。
予約が必要な診療科に患者さんをご紹介される場合は、事前にFAX連絡票をお送りください。

診察受付時間
8:30~11:00