病院について

ご挨拶

理事長挨拶

働き方改革が国策として推進される折、当院は職員の疲弊とそれによる医療の劣化を防ぐため、通常と異なるアプローチを試みました。それは、まず始めに病院職員を過労と疲弊から守り、その活力ある職員のパワーによって、高度先進医療を24時間体制で提供しようというものです。そのために、「選択と集中」の原則を取り入れました。具体的には、総合病院であることを目指さず、選択した3つの領域、すなわち①心臓血管、②消化器、③呼吸器に病床や人員を集中し、おのおのを大型化~超大型化しました。そして、当院の守備範囲にない領域においては、多数の医療機関や1,400名を超える登録医との連携の中で解決するという方式です。

大型チームは医師やスタッフに余裕のある交代制をもたらします。それは24時間体制(6名から7名の医師による当直体制)を維持しつつも、担当スタッフが十分な休養をとることを可能とします。休養は、学習や研鑽に向かう体力・意欲を産み出します。学習や研鑽は、職員のモチベーションや診療技術の向上をもたらし、技術の向上は周囲からの高評価につながり、高評価は繁栄をもたらします。繁栄は、さらなる就労環境の改善につながって、当院はまさにその好循環の途上にあります。

これらの戦略・基本方針は、すでに幾多の成果を挙げております。その詳細は院長挨拶に譲りますが、仙台厚生病院の成功は、我が国の医療改革に寄与するものと確信し、900余名職員一丸となって、今後も努力を重ねてまいります。

仙台厚生病院 理事長 目黒泰一郎
仙台厚生病院 理事長 目黒泰一郎

診療管理者挨拶

仙台厚生病院は地域の皆様にご支援頂きながら、良質な高度先進医療を提供することにより地域医療支援病院としての役割を果たして参りました。仙台厚生病院の診療管理者としてご挨拶申し上げます。

1.診療管理者とは

仙台厚生病院では2015年より院長の職務を分割し、診療業務全般を院長が、医療安全管理を診療管理者がそれぞれ担当することとしております。初代石山、二代目長南の各先生の後を引き継ぎ、私は三代目の診療管理者となります。診療管理者は医療安全業務の遂行を通じて理事長を補佐し、院長への指導・助言を行う役割を担っております。

2.医療安全対策の重要性

医療安全の重要性が広く知られる様になった二つの事件(横浜市立大学病院での患者取り違え事件と都立広尾病院での薬剤取り違え事件)はいずれも1999年に発生しております。また、同年にアメリカでは「To Err is Human」(人は誰でも間違える)との言葉でミスを犯しても重大事象に繋がらないシステム構築の重要性が提唱されています。
それから20年が経過し、当院でも積極的に医療安全の取り組みを継続しております。この間医療の進歩はめざましく、医療安全上の様々な問題が新たに発生しております。高度先進医療をいち早く取り入れている当院では、システムの改善を絶え間なく行っており、患者さんにより安全な診療が提供できる様に日々務めております。

3.「曲げず、隠さず、迅速に!」

医療安全を推進する上で当院が重要と考えているのが「情報開示」です。「曲げず、隠さず、迅速に!」を基本姿勢として院内職員にとどまらず、広く患者さん・ご家族との情報共有を推進し、様々な問題を解決して参りました。
その1例としては手術の実況開示が挙げられ、ご家族が希望されれば手術の進行状況を別室のモニターでご覧いただける取り組みです。この様な積極的な情報開示の姿勢は、病院職員に適度な緊張をもたらし、最善の医療提供につながり、さらには医療事故を未然に防ぐ効果も期待できると確信しております。

医療安全の取り組みを通じて、仙台厚生病院らしい高度先進医療を提供すべく努力して参ります。これまで以上のご指導・ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

仙台厚生病院 診療管理者 本田 芳宏
仙台厚生病院 診療管理者 本田 芳宏

院長挨拶

まず初めに仙台厚生病院は「選択と集中」を基本方針として、心臓血管・消化器・呼吸器の3センターで高度先進医療・急性期医療を提供し、地域医療を支える最後の砦たることを目指す「地域医療支援病院」です。特に狭心症や心筋梗塞、消化器がん、肺がんなどの領域では全国トップクラスの診療実績を達成しております。一方、当院が専門としない領域については「分担と連携」をもとに、地域医療機関にご協力いただき、患者さんにとって最適な医療が提供できるように体制整備に努めております。

当院の方針にご賛同いただく地域医療機関・登録医の先生方からの数多くのご紹介により、当院の紹介率は常に90%前後で推移しております。当院ならではの専門性を生かした高度・急性期医療により患者さんの病状が改善し、急性期を脱したと判断されれば、地域のかかりつけ医に積極的に逆紹介を行っております。さらに、当院の受診歴の有無を問わず、救急隊からの救急患者の搬送受け入れ要請も当院で対応できるものについては原則応需しております。

その甲斐あって平成29年度DPC対象病院全国集計(厚生労働省)で、当院は年間退院患者数が呼吸器疾患で第1位、循環器疾患と消化器疾患ともに第3位と主要3領域すべてで全国トップ3に入るという快挙を成し遂げました。さらに、病床稼働率は99.9%、平均在院日数は8.77日であり、退院患者数15000人以上の病院でいずれも全国1位となっております。

最後に当院では常に患者本位の医療を行うことを最優先にしており、それを実現するために職員に対しては、医療人としても社会人としても模範となるような教育を行いながら生き生きと働くことができる環境作りを行っております。おりしも、本年は平成から令和に改元され、新しい元号が始まります。この新時代の幕開けに相応すべく、職員一丸となって宮城県・東北のみならず全国で指導的役割を果たせる医療機関として、さらに頑張ってまいります。

仙台厚生病院 院長 菅原 俊一
仙台厚生病院 院長 菅原 俊一