診療科

肝臓内科

肝臓は他の臓器との関係も深く、免疫能などにも影響を及ぼします。特に、肝炎、肝がんと免疫能の分野において、最先端の情報、最高水準の医療を提供できます。

お知らせ

ドクターインタビュー

肝臓内科科長近藤 泰輝
正確な診断治療で
救いの手を差し伸べる
日本最高峰の治療を提供

基本情報

診療科について

目まぐるしい進歩を遂げているB型、C型肝炎の最新治療を行うとともに、現在、増加傾向にある脂肪性肝障害の治療にも力を入れております。また、診断や治療が難しい肝疾患の診療を行います。

肝がんの外科治療、内科的治療、放射線治療も日々進歩しており、最新の機器を用いたラジオ波焼灼療法(RFA)/マイクロ波凝固療法(MWA)や経皮的肝動脈化学塞栓療法(TACE)も積極的に行っております。外科や放射線科との連携により患者さんの状態に応じて適切な治療方法を選択出来ます。

当院では肝炎から肝硬変、肝がんという疾患進展の流れの中で、いずれのポイントにおいても切れ目なく最新治療が可能です。

肝臓内科で扱う主な症例

急性肝炎、劇症肝炎
A型肝炎、B型肝炎、E型肝炎、アルコール性肝炎
慢性肝炎
B型ウイルス性肝炎、C型ウイルス性肝炎、脂肪性肝障害、アルコール性肝障害、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、薬物性肝障害
肝硬変
肝硬変による血小板減少症、肝硬変による門脈圧亢進症(食道静脈瘤、胃静脈瘤、シャント)、難治性腹水、肝性脳症
悪性肝腫瘍
肝細胞癌、肝内胆管癌、囊胞腺癌、転移性肝癌
他肝疾患
肝膿瘍、巨大肝のう胞、多発肝のう胞

手術・治療の特徴

インターフェロンを用いないC型肝炎治療

病気が進行している人はC型肝炎ウイルス排除後も肝がんのリスクは減る

近年、飲み薬のみでC型肝炎ウイルスの排除が可能となりました。これまでの治験、臨床、基礎研究の経験を生かし、患者さんに適した治療方法を選択して、治療を行って参ります。

C型肝炎ウイルスは、肝臓以外の臓器に様々な病気(腎炎、糖尿病、リウマチ、自己免疫疾患、悪性リンパ腫、虚血性心疾患など)を引き起こすことが知られております。この様な疾患をお持ちの患者さんもウイルスを消せる時代がきました。ウイルスを消すことにより、これらの合併症が改善する場合があることも知られております。

比較的簡単にウイルスを排除することが出来る様になりましたが、ウイルスが消えた後も、肝がんが出現することが知られており、ウイルスが消えた後の適切な診療を、連携病院とともに行って参ります。

肝硬変への進行、肝臓がんを予防するためのB型肝炎治療

B型肝炎は状態により、適切な治療を受けることが重要です。最近は耐性ウイルスが出現しにくい薬剤も使用可能です。

また、ペグインターフェロンを用いることにより自分の免疫力でウイルスを抑え込む治療も選択可能です。

B型肝炎の病態は複雑ですので、感染していると診断された方は、楽観視せずに、一度、当院で詳しい検査を受けることをお勧めします。

脂肪性肝障害の治療

脂肪性肝障害の顕微鏡像

貴方の脂肪肝、本当に放っておいて大丈夫ですか?健康診断で「脂肪肝ですね」と言われた経験がある方は、一度、肝臓内科を受診することをお勧めします。

脂肪肝と診断された患者さんの10-20%は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)であると言われており、肝硬変、肝がんへ進展することが知られております。

当院では我々が独自に考えた栄養割合の食事療法を導入することにより、肝機能正常化を目指すことができます。
食事、運動療法にて正常化出来ない場合、患者さんにより、新規治験などに参加して頂くことも可能です。

肝がんの治療

ラジオ波焼灼療法(RFA)

肝腫瘍の治療法には、①手術、②ラジオ波焼灼(RFA)/マイクロ波凝固療法(MWA)、③アルコール凝固、④経カテーテル治療(TACE、HAIC)、⑤放射線療法、⑥化学療法(ネクサバール、レンビマなど)⑦免疫チェックポイント阻害剤治療など、種々の治療法がありますが、大事なことは、適切なタイミングで、適切な治療を、それぞれの治療法に精通した医師が行うことです。

肝臓内科では、豊富な経験をもとにこれらの治療を組み合わせながら治療を行うことにより、治療成績が向上するのではという試みがなされております。

その他の難治性肝疾患

貴方の肝炎、その診断名で本当にあっていますか?

ウイルスやアルコールなど原因がはっきりしない肝炎は診断に苦慮することが多々あります。その場合は、肝生検が必要になります。また、その生検の結果を正確に読む病理医の存在も欠かせません。

当院においては病理診断科と連携して自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、薬物性肝障害の診断、加療を行っております。

治療実績と症例数

各治療件数

病名 全国 東北
肝腫瘍 7位 1位
肝腫瘍(TACEなど) 4位 1位
慢性肝炎 1位 1位
C型肝炎 4位 1位
急性肝炎・劇症肝炎 1位 1位