診療科

呼吸器内科

専門治療

診療方針

当科は肺がんおよび呼吸器救急疾患を中心に診療しています。また地域医療支援病院としての役割を果たすべく、チーム医療を実践しています。

医師はそれぞれが肺がん、感染症、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群などの専門分野に精通しており、相互に学び合うことによって高いレベルの治療を実現しています。当直体制を整え、24時間お断りすることなく患者を受け入れています。

肺がん診療においては、東北で随一の化学療法件数と自負しており、合併症を多数もつ患者でも最適な治療を選択しています。また気管支鏡検査とさまざまな画像検査を組み合わせて、迅速な診断および病期決定を行い、初診から治療開始までを短期間におさめています。

診断困難症例には、ガイドシースと細径気管支鏡を組み合わせる新しい手法や超音波気管支鏡も行い、診断率の向上を目指しています。

原因不明の胸水貯留例には、局所麻酔下胸腔鏡検査を施行しています。   進行期肺がん症例でも、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療により治療成績の向上に取り組んでおり、化学療法、分子標的治療においては多施設共同試験により新しい治療法の開発も行っています。

睡眠時無呼吸症候群は、院内では循環器内科と、院外では耳鼻科や糖尿病科、歯科とも連携して治療にあたっており、1泊入院による終夜睡眠ポリグラフィーを施行しています。   慢性閉塞性肺疾患(COPD)については、在宅酸素療法の導入や人工呼吸器管理の習熟に努めており、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)も積極的に取り入れています。

当科は地域の呼吸器専門病院、医院との連携に力を入れており、勉強会や症例研究会など情報交換の機会を多く設けています。患者が退院なさった後も継続的なバックアップを行い、緊急時には充実した対応を行っています。

先端医療への取り組み

virtual bronchoscopy(仮想気管支鏡)

診断困難と考えられる末梢の小結節影に対して、CT画像を再構成したvirtual bronchoscopy(仮想気管支鏡)作成して、あらかじめ病変に到達する気管支を同定して気管支鏡検査を施行しています。

  • GGO 15mm
  • 仮想気管支鏡
  • 極細径気管支鏡
    ⇒左B3aiβより肺生検を行い、肺胞上皮癌と診断された

末梢EBUS -ガイドシース法-

超音波プローブを用いて末梢肺病変を抽出し、ガイドシースを病変部に留置して擦過、生検を可能にした、オリンパス製の最新キットを使用してアプローチしています。

気管支鏡検査とさまざまな画像検査を組み合わせて、迅速な診断および病期決定を行っています。診断困難症例には、ガイドシースと細径気管支鏡を組み合わせる新しい手法も試みながら、診断率の向上を目指しています。

EBUS-TBNA(超音波ガイド下リンパ節穿刺)

肺がんにおける縦隔リンパ節の診断は、治療方針の決定に重要です。気管支鏡下でリアルタイムに超音波画像を見ながら、縦隔リンパ節の針生検を可能にした最新の技法であるEBUS-TBNA(超音波ガイド下リンパ節穿刺)を施行しています。

局所麻酔下胸腔鏡

多量の胸水貯留例で、胸水細胞診で診断困難な時は、局所麻酔下胸腔鏡検査で壁側胸膜の病変の生検を試みます。
原因不明の胸水貯留例には、局所麻酔下胸腔鏡検査も施行しています。

  • 胸腔鏡挿入用のポート
  • 専用胸腔鏡LTF240
  • 壁側胸膜生検

迅速細胞診

診断困難または至急の診断が必要な場合には、病理スタッフの協力の下に、迅速細胞診を行っています。

医療設備

2台のディスプレイ(ダブルモニター)で、超音波検査と内視鏡の検査が同時に行える最新検査機器。
最新式の内視鏡検査カメラ。従来の機器よりも検査傷が少ないため、患者への身体負担を軽くする。

呼吸器科内科病棟

  • 6F病棟ナースステーションスタッフ
  • ミーティングの様子
  • 病棟回診の様子
カンファレンス
各科の医師で構成される
カンファレンス
呼吸器内科
外来の診察の様子
外来化学療法室
入院患者さんと外来患者さんと
治療内容に応じて使い分けています。

講師派遣

  • 2013年度
    • 呼吸器疾患の話題
      菅原 俊一
      (第354回しんぱい会)
    • 肺癌放射線化学療法について
      菅原 俊一
      (大鵬薬品工業社内研修会)
    • 肺癌薬物療法最新のトピックス
      菅原 俊一
      (ノバルティスファーマ学術研修会)
    • 進行期非小細胞肺癌の治療の現状と今後の展望
      菅原 俊一
      (第5回山形癌薬物治療講演会)
    • 肺癌における最新の治療について
      菅原 俊一
      (中外製薬本社社内研修会)
    • 非小細胞肺癌に対する経口フッ化ピリミジン製剤の現状と展望
      菅原 俊一
      (第66回日本胸部外科学会定期学術集会 ランチョンセミナー)
    • 肺がんにおける最新の内科的治療 ~より良い治療成績を目指して~
      菅原 俊一
      (仙台肺がん市民セミナー)
    • 呼吸器疾患に関する最新のトピックス
      菅原 俊一
      (第358回しんぱい会)
    • 肺がんについて、もっと知ろう!
      菅原 俊一
      (仙南地区呼吸器セミナー)
    • 進行期肺扁平上皮癌に対する治療の現状と今後の展望
      菅原 俊一
      (NSCLC Winter Forum in SENDAI 2013)
    • 進行期非小細胞の肺癌治療の現状と今後の展望
      菅原 俊一
      (日本ベーリンガーインゲルハイム社内研修会)
    • 扁平上皮癌の化学療法
      菅原 俊一
      (アブラキサン効能追加1周年記念講演会)

患者さんの紹介について

救急患者さんをご紹介いただく場合

通常勤務時間帯は各科外来、休日・夜間等は当直師長が対応致します。

通常のご紹介の場合

外来診療におけるスケジュールは下記の通りとなっております。受診される場合は紹介状(診療情報提供書)と保険証をご持参の上、病院本館1階医事課新患窓口にお越しください。

診察受付時間
8:30~11:00