診療科

循環器内科

採用情報

循環器内科医募集について

国内屈指のハイボリュームセンターで一流循環器内科専門医を目指しませんか

 

⼼臓⾎管センター循環器内科では医師募集中です。我々は、下記の5つの専門分野によるチーム制を敷いています。


皆、いずれかのチームに属し、それぞれの専門領域の治療に携わります。ただし、通常の心不全管理やPCI、ペースメーカーなどの一般循環器内科領域は全員が担当しており、PCIチームが専門としているのは、CTOなどの特別なPCIとなっています。
どのチームに属するかは、どのようなスタイルで研修、もしくはどの領域で当院のスタッフとなるかによって決めていただきます。

<
専攻医の場合>
当院は内科専門医の基幹施設ですので、将来、循環器内科を専門としたいと希望している専攻医も積極的に受け入れています。専攻医1年目の1年間は全てのチームを4ヶ月毎にローテーションし循環器領域への理解を深めてもらいます。続いて2年目は専攻医に義務づけられている院外の研修を一年間行ないます。最後の1年は希望のチームでの研修を行っていただくようなコースを想定しています。

 

専攻医についてはこちら

 

<後期研修を終えた医師6年目以降の場合>
”ジェネラリストコース“と”スペシャリストコース“の選択が可能です。
ジェネラリストコースは、総合循環器内科医を目指す方に適したコースです。つまり、すべてのチームを4ヶ月毎にローテーションして広範囲に経験を積んでいただき循環器内科ジェネラリストを目指すコースです
スペシャリストコースは、特定のチームに集中的に所属して専門分野を学ぶコースです。例えば、『SHDだけを勉強したい!』というのであれば、そのチームに所属していただければよいですし、SHDにはエコーも大事だから、心不全&エコーチームも半年は研修したい、というのも可能です。オーダーメイド感覚でご希望に沿ってチームを選択していただきたいと思います

<
若手医師でカテーテル検査が全く初めての場合>
まず12ヶ月の間は橈骨動脈穿刺に専念します。50例橈骨動脈穿刺のみ行い、十分に習得した後にCAGcoronary angiography、冠動脈造影検査)に取り組みます。
トレーニング初期は上級者の監督のもとで優先的、集中的に検査を行います。110件前後のCAGが行われていて、134件こなすことで効率的な技術習得が可能です。豊富な症例数(年間CAG件数は約4000件)のため、最初の1年間で約200件の件数をこなすことが可能です。
すべてのカテーテル操作の基本はこのCAGにあるというのが、当科の基本理念です。特に経橈骨動脈アプローチによるPCIは、ガイディング操作が大きな割合を占めます。繰り返しになりますが、その基本はやはりCAGにあります。
PCI
については研修開始一年後の後半ごろから、難易度の低い症例から取り組みます。習熟度に個人差がありますので、各個人でいつから始められるか、どこまでできるかは異なりますが、CAG100件経験後くらいがひとつの目安となります。
救急当番や当直帯に来院した患者さんを主治医として担当し、PCIも術者として行います。当院では夜間における循環器内科の当直体制を上級医、下級医の組み合わせで2名としており、PCIを行う際は上級医の責任のもとで行います。
日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)の認定医となるには、100例のPCIが求められていますが、これは当院では関連施設での研修も含めて後期研修開始後2年前後で到達可能な症例数です。

<
5つの専門分野によるチームについて>
上記のサブスペシャリティーによる5つの専門分野によるチーム構成を敷いています。それぞれの専門家がチームリーダーとして専門治療を統括しています。それぞれが症例数が多いだけでなく、先進医療の施設認定を広くカバーし、国内最先端治療のほとんどを当院で経験することができます。
その他にも、心臓リハビリ、救急集中治療、画像診断など、どのような専門分野であっても対応できます。そのため、ある程度経験を積んでご活躍している医師であっても、豊富な症例を受け持つことによって、さらなる⾶躍を実現していただけるものと思います。

希望があれば国内、海外留学のチャンスを獲得することもできます。

先生方の熱い挑戦を待っています!

 

募集人数 若干名
途中採用可です。
選考基準 40歳くらいまでの循環器内科医
循環器内科医を目指す医師、専攻医も大歓迎です。
身分・待遇 一般財団法人厚生会規程による(詳細は相談)
担当者 循環器内科 科長 多田 憲生
見学も随時受け付けています。まずはお気軽にお問い合わせください。
問合せ先 仙台厚生病院 労務課
TEL(直通): 022-222-6182(土日祝日を除く9:00~16:00)/FAX:022-267-0856
E-mail:info@sendai-kousei-hospital.jp

PCIチーム

技術、デバイスともに成熟期を迎えておりますPCIではありますが、近年提唱されておりますAppropriate PCIの概念が浸透してきており、虚血評価に基づいたPCIへのプロセスが重視されるようになってきています。また、ガイドラインにてルーチンのフォローアップCAGが推奨されなくなったこともあり、全国的に待機的PCIの件数が減少する傾向となっていますが、一方でACSは減ってはおらずPCIの重要性は依然として変わっていないと言うことにみなさん異論は無いことと思います。

そのような情勢の中、当院でのPCI件数は過去十数年にわたり東日本でも屈指の症例数となっておりますが、全国の流れと同様、減少傾向にあります。2020年は近年で初めて1000件を下回りました。しかし、減少幅自体はそれほど大きくなく、むしろ考えようによっては現在に至るまで適正なPCIができていたのではないかと考えております。

当院でのPCISimpleSafely、かつSpeedyに行うことをスタッフ皆が共有しており、特にACS症例に対してはチームにかかわらず一定水準以上の治療が全員可能です。専攻医の先生方は穿刺、CAGと段階を踏んでからPCIへ移行するという十分なサポート体制となっており、前述したように待機症例が減少している中であってもなお十分な症例があり、入職半年程度でオペレーターとなることができます。また、待機的に行われたCAGについては通常ad-hocとはせず、その日のシネカンファランスにて治療の適応が決定されます。それゆえストラテジーを上級医と十分に練り、PCIへ臨むことができることも当院の特徴と言えるかと思います。

複雑病変へのPCIになりますが、特殊デバイスついては現在RotablatorOASExcimer Laserが常時使用可能であり、CTO症例は年40-50件程度、またショック患者へのIMPELLAを含む補助循環下での血行再建など、PCIに関わる手技としてはほとんど網羅できる環境にあります。PCIが成熟したといわれる昨今ではありますが、技術・メンタルに上限はなく、日々アップグレードしながら自己研鑽に努めることが重要と考えております。また、臨床研究や治験への参加を積極的に行っており最新の知見に触れることが可能です。それゆえ、ある程度症例を経験された先生がいらしても、多くの症例を通じて共に学んでいただけることが十分にあるのではないかと思います。

PCIがうまくなりたい先生方をお待ちしております。

本多 卓

伊澤 毅

本田 晋太郎

専行医2年目 PCIチームにローテーションできている小菅 桃 先生にインタビューしました。

私は2018年山形大学卒で、初期研修を福島県で行いました。
当院に来た初めは、循環器を志してはいるもののカテを自分で触ったことがなかった状態でした。
東北随一のハイボリュームセンターである当院であれば、たくさんの症例に巡り合えるかと考え、文字通りカテの右も左もわからない状態で飛び込ませていただきました。それからは先生方の温かいご指導の下、一つずつ勉強させていただいている今日この頃です。初めは動脈穿刺から、CAG、今では比較的易しい症例のPCIは第一術者で担当するまでになりました。このような初学者であっても手技のかなりの部分を主体で行わせていただけますが、常に側で上級医の先生のバックアップや手技後のフィードバックがある安心体制です。
これも当院ならではの潤沢な症例数、豊富な人材があるからこそだと考えております。
循環器に少しでも興味のある先生方、ぜひ当院で研鑽を積まれてはいかがでしょうか。見学、Web面談、いつでもお待ちしております。

小菅 桃 

不整脈チーム

循環器領域の中でも不整脈領域は近年めざましい発展をとげ、これまでは難治性であった不整脈も根治可能な時代になってきました。心内心電図だけで診断がついていた時代と異なり、3Dマッピングシステムを使用する事で難治性の不整脈も実際に可視化する事が可能となり、初学者でも分かりやすくなっています。

しかしながら、不整脈関連の医療技術は普及したとは言い難く、研修医の段階から最先端の治療に触れ、技術を学ぶことが出来る医療施設は限られています。

当院心臓血管センター循環器内科・不整脈部門では心臓電気生理学的検査、カテーテルアブレーション、永久ペースメーカー植込み、植込み型除細動器(ICD)植込み、両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)植込みなど、全ての不整脈治療を経験できる体制にあります。カテーテルアブレーションに関して言えば、現在国内で使用できる3種類の3Dマッピングシステムは全て使用可能な状態であり、個々の症例に応じて選択することで最適な治療が出来る環境が整っています。

症例数としてはカテーテルアブレーション年間約500例、ペースメーカー植込み年間約180例、両心室ペースメーカー及び植込み型除細動器植込み年間約50例と全国でも有数の症例数を誇っています。従って、当院で研修を受ければ、短期間でも集中的に多くの不整脈症例を経験可能です。

不整脈治療は非常に専門性の高い分野でありますが、院内で全ての不整脈診療を完結出来る仙台厚生病院で質の高い医療に参加すれば医師としての視野が広がり、患者に適切な医療を提供する上で選択肢の幅が広がることと思います。興味のある先生、短期間の研修からでも大丈夫ですので、是非一緒に仕事をしましょう。お待ちしております。

山下 賢之介

不整脈チームで研修した専行医3年目 杉村 和宣先生にインタビューしました。

 

 仙台厚生病院 循環器内科 後期研修プログラムで20214月から7月まで4ヶ月間 不整脈チームをローテートさせていただきました。不整脈チームでは月40-50件程度のカテーテルアブレーション、月10件程度のICDCRT-D等のハイパワーデバイス植え込みを扱っており、豊富な症例を経験できます。カテーテルアブレーションの症例は、心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍、心房頻拍などの上室性不整脈のみならず、心室頻拍の症例も多岐に渡り勉強する事が出来ます。また、不整脈診療だけでなく、日勤や当直帯で待機的/緊急PCIも行え、幅広く循環器診療が行えるのも強みかと思います。当然、業務量は多くなると思われるかもしれませんが、不整脈チーム専属クラークのサポートのおかげで、臨床業務に専念する事が出来ます。不整脈チームに在籍する臨床工学技士のレベルは高く、心内心電図の勉強をさせてもらえますし、診療看護師(NP)からは術中、術後管理について学ばせて頂きました。

 手技面では、4ヶ月の研修の間に、電極カテーテルの留置に始まり、心房粗動・WPW症候群・発作性上室性頻拍症の治療のみならず、両側肺静脈隔離まで一人で完遂しましたし、ICDCRTDの植え込みまで第一術者として治療が出来るように教育して頂けました。

 手技だけでなく、教育面も充実しており、病棟でのラウンドディスカッションや学会発表、学術雑誌への投稿の機会まで頂きました。チームの年齢も若く、疑問があっても相談しやすく、チャンスの多い環境だと思いますので、不整脈に興味がある方にお勧めします。

 

杉村 和宣

 

EVT(末梢血管治療)チーム

仙台厚生病院 循環器内科 末梢血管部門では上下肢の動脈、透析シャント、腎動脈や腸間膜動脈などあらゆる血管疾患を治療することを目標にしております。症例数は右肩上がりです。2021年が始まったばかりですが、1月の症例数は過去最高になりました。

 現在、専門医2名がカテーテル治療を担当しており、レジデントや常勤スタッフと一緒に血管内治療 (EVT) をしております。EVTの修練をしたい先生、ぜひ我々と一緒にお仕事をしませんか?カテーテル治療の習熟のみではなく、血管疾患のオールラウンダーとしての全身の動脈疾患の見方、重症虚血肢の創傷ケアなどしっかりご指導いたします。学会発表や論文執筆に関しましても、誠心誠意、サポートいたします。

堀江  和紀 

EVT研修を行っているみやぎ北部循環器科 本多 勇希 医師にインタビューしました。

一般内科病院に勤務していた5年以上もの間インターベンションから遠ざかっていた私は、仙台厚生病院にて週1EVT治療の研修を行う機会を頂き、20208月より研修を開始しました。厚生病院は国内屈指のハイボリュームセンターであり13-4件程度と多くの症例に暴露されます。そのなかでCROSSERやレーザーを含め最先端の手技、複雑病変における治療のエンドポイント、合併症bailoutの実際など多角的な学びを得ています。治療部位も多様で、下肢は腸骨動脈から膝下まで満遍なく、鎖骨下動脈閉塞や上腸間膜動脈閉塞症例などの症例も経験しました。比較的単純な狭窄病変では指導医の監督の下、術者として手技を完遂する機会も頂いております。研修開始までEVTはアシストに数件入った程度でしたが、厚生病院での経験を通じてEVTのアウトラインを形成することができています。これから自施設での治療を行うにあたり厚生病院での経験を活かしていきたいと考えます。

みやぎ北部循環器科  本多 勇希 

SHD(構造的心疾患)チーム

SHD (構造的心疾患)チームは国内でもトップクラスのハイボリュームSHDセンターです。TAVIは年間約250例、MitraClipは約100例、他にも左心耳閉鎖、心房中隔欠損(ASD)閉鎖、動脈管開存(PDA)閉鎖、卵円孔開存(PFO)閉鎖などのデバイス閉鎖を数多く行なってます。その他にもclassicalな僧帽弁狭窄症に対するPTMC、閉塞性肥大型心筋症に対する経皮的中隔焼灼術なども行います。特殊という認識が強くなりがちなSHD治療ですが、我々の目指すところは標準化ですので、皆が術者を行います。そのためにしっかりとチームカンファを行い、治療計画をたててカテーテル手術に臨みます。東北全域から治療困難症例が集まってくるため多くの経験を積むことができます。多彩な能力をもった医師が集まりますのでアイディアが豊富に生まれ臨床研究につながります。先生方には、多くの研鑽を積んでキャリアアップにつなげて欲しいと願っています。

多田 憲生 

202010月より獨協医科大学からSHD研修に来ている廣瀬 優 医師にインタビューしました。

栃木県にある獨協医科大学病院 心臓・血管内科/循環器内科に入局し、現在医師6年目(卒後8年目)です。大学では虚血性心疾患、SHD(構造的心疾患)に対する治療を主に行なっていましたが、兼ねてから日本屈指の症例数を誇る仙台厚生病院で勉強したいと考えており、2年間仙台厚生病院に国内留学させて頂きました。

TAVIMitraClipなどを主に行うSHDにチームに所属させて頂き、毎日色々な症例を診ることができています。SHDチームは他施設から来た自分を快く受け入れて下さり、いつでも相談できるとても良い環境です。勤務し始めて約3ヵ月間で10例以上の重症大動脈弁狭窄症のTAVI症例を担当させて頂き、多田先生を始めとしたチームの先生方から御指導頂きながら日々楽しく勉強ができています。TAVI以外にも心房中隔欠損症や卵円孔開存症に対する閉鎖術の治療やMitraClip、左心耳閉鎖術の症例も非常に多く、今まで経験した事なかった治療に携わることができ、経験値はかなり上がっていると実感しています。また、圧倒的な症例数を誇る病院のため、指導医や実施医も比較的早い段階で取得できる事も利点であると思います。平日は慌ただしい事も多々ありますが、土日は当直対応のためきちんと休息を取る事ができ、仙台周辺を観光したり、学生時代からの趣味であるスノーボードを楽しんだりと、医療面だけでなくプライベートもとても充実しています。

SHDチームに所属していると偏った疾患の治療だけになってしまう印象を持ちがちですが、急性心筋梗塞や狭心症に対するインターベンションや恒久的ペースメーカ植え込み術も多く経験できており、自分のやりたいことを思う存分できる環境です。キャリアアップを考えている先生には是非お勧めしたい病院であり、仙台厚生病院での研修を御検討頂ければ幸いです。

 廣瀬 優  

心エコー & 心不全チーム

当院では年間、経胸壁心エコー約15000件、経食道心エコー約500件の検査を行っています。経胸壁心エコー検査では、虚血性心疾患、弁膜症、先天性心疾患、心筋症など多岐にわたる症例を経験可能です。経食道心エコーも、血栓チェック、左心耳評価、弁膜症、心房中隔欠損症などの先天性心疾患など多岐にわたる症例が経験できます。

特に、近年注目されているSHD治療では、当院は国内トップクラスの治療件数を誇っており(TAVIMitra Clip、左心耳閉鎖、心房中隔欠損閉鎖術、PFO閉鎖術、PTAVPTMCPTSMA)、術前術後の経胸壁心エコー評価のポイント、術中の経食道心エコー検査についても多く経験できると思います。心エコー専門医や、SHD心エコー図認証医取得のための症例も収集しやすいと思います。症例豊富な施設での経験を積むことで心エコーのエキスパートを目指しましょう。

また、当院では急性冠症候群や劇症型心筋炎などの重症心不全から、心不全リハビリテーション、慢性期地域連携まで積極的に関与することで充実した診療・研修をすることができます。CCUでは心原性ショックに対して経皮的補助循環(IMPELLAVA-ECMOIABP)を用いた集学的治療を主治医と共に行うことで、退院後を想像した急性期治療を心がけています。また、体外式人工心臓(VAD)も使用可能であり、心臓移植、植え込み型補助人工心臓以外の心不全治療は可能な環境で、臨床センスを磨けます。

在宅診療が必要な患者さんには、充実したカンファランスで慢性期療養体制を築き、心不全再入院を抑制するためのシステムも経験することができ、まさに「救命」し「独歩退院」する喜びを共感できる高度な治療が可能な施設です。心不全診療を一緒に極めましょう。

宗久 佳子 

 土岐 祐介 

 

診療科の特徴

入院患者の受け持ちは10人程度、平均在院日数が非常に短いため多くの症例をみることができます

心臓カテーテル検査は年間約4,000件、PCIは約1,000件あり、日本でもトップレベルの症例数です。心臓カテーテルは、非常に早期に指導医の管理下で開始することができます。平均して1日3~4件はカテーテル検査が自分で行えるので、1ヵ月もすれば見違えるように上達します。

またPCIに関しては、6ヵ月程度で易しい症例からできるようになります。したがって、中小の病院にいるよりも、はるかに早く技術と経験を身につけることができます。スタッフも日々、教育に尽力しています。

医師の出身大学はばらばら、学閥は全くなく自由な雰囲気で研修できます

現在、在籍している医師の出身大学

東北大学、秋田大学、金沢医科大学、自治医科大学、群馬大学、札幌医科大学、筑波大学、防衛医科大学、信州大学、獨協医科大学、浜松医科大学、弘前大学、富山大、和歌山県立医科大学、杏林大学

土日は2~3名体制の循環器当直医が対応、重症患者を担当中でも自分の生活を維持できます

土、日は原則休みで、当直が入ります。循環器だけでもスタッフが20人程度いるので、1ヵ月にあたる当直回数はそれほど多くはありません。当直明けはなるべく午後には帰宅できるように配慮しています。夏休みは5日間取得可能で必ず消化するようにしています。また、当院は代理体制が非常にしっかりしているので、体調不良の際には遠慮なく休暇をとることが出来ます。

当直

月4回前後の当直業務を行います。当院では2名体制で当直を行っており、緊急PCIをon-callで呼び出すことなく行える体制となっています。また、当院では積極的に救急患者を受け入れており、当院が属する仙台医療圏のほぼ半数をカバーしています。急性心筋梗塞患者は年間400人前後と、全国有数の数字です。

休日

完全にチーム制の医療体制をとっており、夜間や休日は当直が対応します。原則的に待機の時以外に病院から連絡が来ることはなく、On/Offをはっきりさせることが出来ます。

 

施設認定

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会研修施設
  • ステントグラフト実施施設
  • 日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設
  • 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医研修施設
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施施設
  • 日本集中治療医学会専門医研修施設
  • 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設
  • 経皮的僧帽弁接合不全修復システム実施施設
  • 経カテーテル的大動脈弁置換術指導施設
  • 成人先天性心疾患専門医連携修練施設
  • 左心耳閉鎖システム実施施設
  • IMPELLA補助循環用ポンプカテーテル実施施設 
  • 経皮的動脈管閉鎖術施行施設
  • 経皮的心房中隔欠損閉鎖術施行施設
  • 潜因性脳梗塞に対する卵円孔開存閉鎖術実施施設

新任医師および専攻医の声

前田 真歩 (専攻医、2018年弘前大学卒)

仙台厚生病院 循環器内科 後期研修医の前田真歩と申します.弘前大学を卒業後,初期研修を青森県の青森市民病院で行いました.

以前より循環器内科診療を専門にしたいという思いがあり,2020年4月から仙台厚生病院で循環器内科 後期研修医として勤務しています.

当院は全国有数のハイボリュームセンターであり,ほかの病院では経験できないような貴重な症例を経験できます.また症例数が多く,比較的早期から冠動脈インターベンションのオペレーターとして経験を積むことができます.

また様々な出身大学の先生が勤務されており、出身大学に関係なく仕事ができるのも魅力の一つです.和気藹々とした環境で,ある時には突然の星空ツアーもあります.2020年には寒風山から最高の彗星を見ることができました.

循環器疾患に興味のある方は是非見学にいらしてください.

 

お問い合わせ
仙台厚生病院
総務部庶務課 医学教育支援室担当
〒980-0873 仙台市青葉区広瀬町4-15