臨床研修医

臨床研修 卒後臨床研修プログラム

スケジュールは、病院の診療体制によっては変更が生じることがあります。
また、協力病院・施設の都合により、研修の時期が変更になる場合もあります。

臨床研修プログラム 仙台厚生病院

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科6月 外科・麻酔科 救急
2年目 地域医療1月 NEW
小児科医1月
または
産婦人科2月
精神 自由選択

※小児科・産婦人科2科目必修からどちらか1科目必修としました。
自由選択期間が1〜2月増加します。

  • 内科:仙台厚生病院(循環器内科、呼吸器内科、消化器内科)
  • 外科:仙台厚生病院(呼吸器外科、消化器外科、麻酔科)
  • 救急部門:仙台厚生病院、総合南東北病院、気仙沼市立病院
  • 産婦人科:東北大学病院
  • 小児科:宮城県立こども病院
  • 精神科:宮城県立精神医療センター
  • 地域医療:宏人会木町病院、羽二生クリニック、仙台往診クリニック、宮城県赤十字血液センター、古川星陵病院、永仁会病院
  • 自由選択:仙台厚生病院の全診療科(病理診断科を含む)、協力型病院、協力施設から複数選択が可能

臨床研修病院群

基幹型病院 仙台厚生病院
協力型病院
宮城県立精神医療センター
宮城県立こども病院
東北大学病院
総合南東北病院
広南病院
気仙沼市立病院
協力施設
古川星陵病院
宮城県赤十字血液センター
永仁会病院
宏人会 木町病院
羽二生クリニック
仙台往診クリニック

研修評価

研修医の評価はEPOC(エポック)オンライン臨床研修評価システムを採用しています。

EPOCオンライン臨床研修評価システムへ

勉強会

実践力を養うため、病棟での実務や定期的な勉強会を行います。
患者の立場から病院を見据え、医者の立場から患者を見つめ、様々な症例を肌で習得するための、大切なカリキュラムです。

1.オリエンテーション

入職時、1週間のプログラムを用意。「患者とのコミュニケーション技術を学ぶ」「患者の全体像を学ぶ」「他職種との連携の大切さを学ぶ」ことを目的に、3日間のプログラムを組んでいます。病棟での実技実習のほか、各部署からの講義(医療安全管理、院内感染対策等)を盛り込みます。また、オリエンテーションの一環として、2日間にわたり秋保温泉で新人交流も兼ねた職員研修会を開催しています。

2.CVC(中心静脈カテーテル)認定医制度

平成21年度より、麻酔科指導医のもと、中心静脈カテーテル(CVC)挿入プログラムを指導し、安全かつ確実な技術の習得を図っています。後期研修医以上の対象には実技試験を実施。平成24年3月まで91名が合格し、CVC認定医を取得しています。

研修の様子
CVC認定医授与式
院長から証書を授与いただきます。

3.臨床研修医勉強会

毎週月曜日に実施。各診療科の講義の他、BLS・ACLS講習、CVシミュレーター実習等も行います。また、昨年度より麻酔科指導医のもと中心静脈カテーテル挿入プログラムを導入し、安全かつ確実な技術の習得を図っています。

4.研修医による症例発表

充実の指導体制下に2年間のうち院内では2回、学会発表は1回以上発表の機会を設けます。

5.臨床病理検討会(CPC)

常勤の病理医2名の強力なバックアップのもと、毎月第4月曜日に病院全体で開催しています。

6.英語論文の指導・講習会

平成22年2月より東京医科大学 主任教授 ジェレミー・ウィリアムス先生に、希望者は論文を添削して頂いています。随時、執筆者と連絡を密に取りながら仕上げますので、十分納得のいく内容にまとまると大変好評です。

お問い合わせ
仙台厚生病院
総務部庶務課 医学教育支援室担当
代表番号
〒980-0873 仙台市青葉区広瀬町4-15