診療科

循環器内科

血管の病気 治療・リハビリ・検査

血管には、心臓や脳などの太い血管(大血管)のほか、下肢などの末梢血管があり、末梢血管の動脈硬化は末梢動脈疾患と呼ばれます。中でも一般的なのは下肢の血流が悪くなる動脈硬化で、最悪の場合は足が壊疽を起こし、切断を余儀なくされる場合もあります。

一方、心臓・大血管の病気では治療のほか、運動療法に代表される「心臓リハビリテーション」も重要です。治療に向けては画像診断(心臓超音波検査、MRI検査、CT検査)による正確な診断が欠かせません。今回は下肢動脈硬化の治療、心臓リハビリ、画像診断の最新情報を紹介します。


末梢血管の動脈硬化

血流悪化 手足に痛み

カテーテル治療が有効

加齢とともに全身の動脈硬化が進行することを表した言葉です。血流が悪くなると、部位ごとにさまざまな症状が現れます(図1)。ご高齢の方に加え、高血圧症や糖尿病、腎機能障害をお持ちの方は要注意です。

  1. 足が冷たい。歩くと足が痛い。色が紫色。指が黒い。傷ができて治らない。
  2. ②家事をしたり、洗髪をしたりしていると腕がだるくなる。
  3. ③血圧が高くなり、薬を飲んでも下がらなくなってきた。

末梢動脈疾患が原因かもしれません。

動脈硬化は全身の病気!カテーテルで治療可能です


診断は簡単です

末梢動脈疾患の好発部位は下肢動脈です。手足の血圧を測定するだけで簡単に異常を見つけることができます。下肢の血流障害の初期症状は歩行時の痛みです。重篤になると足の指に傷ができ、耐え難い痛みや冷感を認めます(図2)。こちらは血液透析を受けている患者さんで要注意です。心当たりがある患者さんは一度、検査を受けてみてはいかがでしょうか?

近年の治療指針では、複雑な動脈硬化性病変でもカテーテル治療での血行再建を第一選択とすることの妥当性が明記されました。仙台厚生病院では今までにたくさんの末梢動脈疾患の患者さんを治療してきました(図3)。前述の症状がおありでしたら、お気軽にご相談下さい。

下肢動脈硬化症の症状

心臓リハビリテーション

運動、食事など3本柱で

生活習慣の改善を

「心臓のポンプ機能の代償機転が破綻した結果、呼吸困難・倦怠感・浮腫などが出現し運動耐容能が低下する臨床症候群」と定義される心不全。一度発症すると後戻りできず、大腸がんとほぼ同程度に回復が難しいなど予後不良な状態です。心不全患者は年々増加し、年間約35万人が新規発症する時代になりました。予防と治療ともに基本となるのが「生活習慣の改善」です。

心臓病・心不全になると、今までと同じ生活で良いのか、運動はどれくらい行えるのか、食事はどうしたら良いか、再発を予防するには?など、多くの疑問がわいてきます。

心臓リハビリテーションは、これらの疑問に応え、患者さんと一緒に行動するオーダーメイドのプログラムです。


有酸素運動が安全

心臓リハビリテーションは3本の柱 ①運動療法 ②食事療法 ③生活指導から構成されます。

運動療法:心臓病の種類、心臓機能など個々で可能な運動量は異なるため、その人にあった負荷を設定します。基本は有酸素運動で、ウォーキングが安全かつ効率的な方法です。息の切れない速度で1日20分~30分、週に3~4日程度行うのが良いとされます。

食事療法:塩分管理が大切で、1日の塩分摂取量は6g以下とされています。最初は難しいと感じますが、家族やメディカルスタッフの協力の下で行うと目標を達成できるようになります。

生活指導:禁煙・節酒・規則正しい生活を。心臓病増悪の原因は感染症も多く、手洗いや口腔ケアなど基本的な管理も大切です。


負の連鎖断ち切る

心臓病の人は活動を制限しがちですが、運動も必要です。安静は運動耐容能(簡単に言うと体力)が低下します。運動耐容能を規定するのは心臓機能のほかに、呼吸機能、自律神経機能、骨格筋機能が含まれます。

心臓病の患者さんは、これらも同時に低下しており、これがさらなる活動性の低下をもたらすという負の連鎖に陥っています。心臓自体は専門的治療で安定しても、これらの機能不全が残ったままでは本来の効果は期待できません。運動療法は、この負の連鎖を断ち切り活動性を上げていき、心臓病になる前の活動性を取り戻すことも可能です。


心臓超音波検査と心臓MRI

被ばくゼロ 妊婦も安心

CTは数秒で撮影終了

心臓超音波検査は、高周波数の超音波を心臓に発信し、返ってくる反射波を受け取り、心臓の様子をリアルタイムで画像モニターに映し出す検査です。プローブと呼ばれる超音波発信機を肋骨の隙間に沿うように当てて行います。
検査の時間は15~30分ほど。放射線による被ばくの心配がないので、妊婦や乳幼児でも安心して受けられます。心臓の疾患が疑われる、ほぼ全ての人に行える検査です。

心臓超音波検査で何が分かるのでしょうか。心臓の各部屋の大きさ、壁の厚さや動き、弁の状態です。また、血液の流れを映し出すことで、弁の異常や壁に穴がないかなどの異常を発見できます。
仙台厚生病院では、1日60〜70件ほどの心エコー検査を施行しています。受診された患者さんは、予約なしに当日のうちに検査を行うことが可能です。

多くの病気を発見

次に心臓超音波検査で分かる病気を紹介します。

  1. 心臓の血流低下(心筋梗塞、不安定狭心症など)

    → 心臓の壁の動きを見ると、血流の低下した部位は他の部位と比べて動きが悪くなります。心筋梗塞発症から時間がたつと、壁が薄くなるといった変化も確認できます。

  2. 心不全

    → 心臓のポンプ機能が低下し、心臓が大きくなります。ポンプ機能は低下していないものの、心臓の拡張する力が低下する拡張不全も確認できます。

  3. 心筋症(肥大型心筋症、拡張型心筋症など)

    → 肥大型心筋症は心臓の壁が厚くなり、有効なポンプ機能の維持が難しくなります。拡張型心筋症は心臓の筋力とポンプ機能が低下し、心臓が拡大する病気です。

  4. 弁膜症

    → 心臓内の部屋を隔てる四つの逆流防止弁の異常です。弁膜症には血液が逆流する閉鎖不全症と、弁が開きにくくなる狭窄(きょうさく)症があります。心臓超音波検査では弁膜症の重症度を評価し、治療法を検討します。

  5. 先天性心疾患

    → 心臓の中を隔てている壁に穴が開いているなど、生まれつき心臓に形態異常があることです。心臓超音波検査により穴の位置を確認し、治療法を検討します。


MRIは磁気利用

続いて心臓MRI検査について説明します。2018年8月、当院の心臓血管センター専用機として最新機種の1号機が導入されました。心臓MRI検査は、磁気の力を利用した画像検査です。
心筋症の診断や、心臓の機能評価、冠動脈の評価が、放射線被ばくなく可能となりました。被ばくを心配する患者さんや、妊娠の可能性がある女性の検査もできるようになりました。造影剤を使用しないで、冠動脈の評価をすることもできます。


当院で検査する場合の、主な目的について説明します。

  1. 左室や右室の壁運動の評価

    → MRIによる評価では、心エコー検査の際に問題となる肺や骨(肋骨や胸骨)の影響を受けることなく、画像撮影ができます。

  2. 冠動脈の評価

    → 冠動脈の石灰化が強く、冠動脈CTでは判断が難しいような方でも、血管の狭窄の有無について評価が可能です。当院では、人間ドックでのMRIによる冠動脈の評価を開始しました。

  3. 心筋虚血の評価

    → 少量の造影剤を投与し、心筋の染まり方から心筋血流分布を評価することができます。

  4. 心筋症患者の原因検索(造影剤使用)

    → 造影剤(ガドリニウム)を使用した検査では、造影剤の心筋への分布を調べることで、今までは原因不明だった心臓の筋肉の病気を見つけることが可能となりました。

描出に優れるCT

ここからはCT検査の説明です。CTとはコンピュータ断層撮影法のことで、CT検査ではエックス線を使って身体の断面を撮影します。体内のさまざまな病巣を発見することができます。特に心臓、大動脈、肺などの胸部病変に関しては、MRIに比べて優れた描出能が知られています。CT検査はトータル数分で済むこともあり、撮影自体は数秒で終了します。

技術の進歩によりCTで心臓の詳細な評価が可能になっています。例えば、以前であれば心臓を栄養する血管である冠動脈を評価するためには心臓カテーテル検査が必要でしたが、現在は冠動脈CTを用いて検査が可能となっています。冠動脈が細くなると狭心症、急性閉塞すれば心筋梗塞という病気になります(図4)

  • 短時間で身体の断面を撮影するCT
  • 冠動脈が細くなり心筋梗塞を起こした心臓
熟練撮影者が必要

心臓の病気を評価するための心臓CT検査を実施するためには高機能CT機器と熟練した撮影者が必要です。高機能CTが必要な理由は、心臓は常に動いている臓器であるため秒単位の画像撮影が必要だからです。手ブレした写真が不鮮明であるのと同様、CT撮影に時間がかかると撮影画像がブレてしまって、病気の評価ができません。

当院は「320列CT」と呼ばれる高機能CTを2台有しています。320列CTでは、1心拍(心臓が1回収縮拡張する)の間に心臓の撮影を完了することができます。当院は320列CTのうち1台を心臓CT撮影専門機として使用しているため、心臓CT検査を多く実施することができます。例えば2019年には冠動脈CTを2136件、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)関連の心臓CTも513件実施しました。検査実施件数が増えれば増えるほど、担当スタッフや画像解析者の技術も向上しています。当院の放射線技師は研究会で最優秀賞を獲得したり、国際学会で発表を重ねたりと、患者さんに正確な診断を提供するため努力を重ねています。


ドクターコラム
運動の処方箋を発行

患者さんに合わせて、運動の強さ、時間、頻度、方法について処方を行います。
運動の強さは、患者さんに自転車エルゴメーターをこいでもらい、その時の呼吸状態から丁度よい負荷量を決定します(心肺運動負荷試験)。
運動を行っていくと、有酸素運動に無酸素運動が加わるタイミングがあり(嫌気性代謝閾値=いきち)、この時の心拍数を維持した運動が安全で疲れにくいと言われています。
例えば、心拍数90回/分(心肺運動負荷試験で求めた嫌気性代謝閾値の心拍数)を維持したウォーキングを20分以上、週3回と、具体的かつ患者さんにとって実行可能な方法で処方箋を発行します。




循環器内科 専門治療