診療科

循環器内科

心房がけいれんする「心房細動」。放置すると脳梗塞・心不全リスクに。

はじめに

不整脈の中には脈が早くなる「頻脈性不整脈」と脈が遅くなる「徐脈性不整脈」があります。ここでは頻脈性不整脈の中で特に多い心房細動に対する『アブレーション』について解説します。

心房細動とは?

対象患者さん

心臓はどうやって動いている?

 まず指先を手首に当てて脈を測ってみてください。きちんと脈拍の触知ができますか?正常な脈は毎分50〜100回で、かつ規則正しく動いております。心臓が正常に動くために洞結節(用語解説①)からの規則正しい電気信号が重要となります。電気信号が乱れてしまって脈が早くなったり遅くなったり不規則になったりするのが不整脈で、自覚症状としては胸がドキドキしたり、鼓動が強くなったりするなどの動悸症状があります。自覚症状は人それぞれで、救急車を呼ぶほどの方もいらっしゃいますが、一方では自覚症状が全くなく健康診断で心電図を記録した時に偶発的に見つかることもあります。最近は、不整脈の中でも「心房細動」と呼ばれる不整脈が増加しており、すでに日本で100万人程度、つまりは約100人に1人いると考えられています。心房細動で問題になるのは前述の動悸症状だけでなく、脳梗塞や心不全が起こりやすくなることです。

血流の悪化で血栓

心房細動は心房が細動(=けいれん)することで、血液の流れが悪くなります。血の巡りが悪くなると血が固まり(=血栓)、その血栓が大きくなって心臓から出て頭の血管を詰まらせることが脳梗塞の原因になります。もちろん血栓が原因で心臓の血管が詰まれば心筋梗塞ですし、腸の血管が詰まれば腸が壊死しますし、足の血管が詰まれば下肢が壊死する原因になります。そのため、脳梗塞の予防には、血栓ができないようにする抗血栓薬の内服が必要となります。心房細動を有している方で特に内服が必要な方は、心不全、高血圧、年齢75歳以上、糖尿病、脳梗塞の既往―のうち1つでも当てはまる方となります。抗血栓薬は血液が固まりにくくなる薬ですので、主たる副作用は出血ですが、副作用を恐れて内服をためらう方もいらっしゃるかもしれません。正しい知識のもと恐れずに内服加療を開始しましょう。

不整脈が進行すると心不全に

心臓は車に例えればエンジンです。エンジンがダメになってしまった車は、動けませんね。心臓が悪くなると、階段を少し上ると苦しい、買い物に行くのも辛い、といった状態に陥り、その状態を心不全といいます。心房細動は、最初は発作性といって、一時的に発作が起きて自然に停止する状態で始まり、病気が進行するに従い不整脈が終日継続する持続性心房細動という状態に進行します。そうなると徐々に心機能の悪化を来たし心不全の増悪に繋がり、かつ同時に脳梗塞のリスクも上昇します。

病状が進行する前の早期介入が予後改善につながりますので、病気が見つかったら放置せずに早期に治療介入をしましょう。

治療方法

カテーテル(用語解説②)を用いた不整脈治療

 心房細動の治療法は薬の内服とカテーテルアブレーションがありますが、根治治療は後者です。心房細動の原因は、左心房にある肺静脈からの異常な電気信号です。肺静脈からの電気信号は1分間に300-400回程度と高頻度で、1秒間に5回以上も心臓を動かす事から心房がけいれんしているような状態になり、心房細動という病名になっています。カテーテルアブレーションの方法としては肺静脈からの異常な電気興奮が左心房に伝わらないように、肺静脈の周囲にある心房筋へカテーテルで焼灼させることで、肺静脈からの異常な電気的興奮を伝わらないようにし、不整脈を治します(図1)。文字通り「肺静脈電気的隔離術」というのが手術名になり、悪い電気を"隔離"して治療を行います。なお、治療に際しては、高周波といって、組織に電流を流して熱で焼灼する方法と、液化亜酸化窒素ガスというガスで組織を-40℃〜50℃に冷却し組織障害を起こして治療する方法の2種類を採用しており、患者さんに応じて治療を使い分けています。

カテーテルは太ももの付け根や首や手など様々な部位より挿入し、不整脈を起こす部分を見極めつつ、治療を行います。基本的に、当院では全身麻酔下で行いますので、処置中に痛みや苦しみを伴うことは全くありませんので、安心して手術に臨んでもらって大丈夫です。また、不整脈の領域はここ数年で大きく進歩を遂げており、3Dマッピングシステムというものを用いて不整脈の回路の診断に役立てています。当院では現在国内で使用できる3種類の3Dマッピングシステムが全てそろっており、患者さんの不整脈に応じて最適な治療を提案ができるような体制となっています。心臓の手術になりますが、入院期間も3泊4日程度で期間も長くありません。症例は月50-60例程度あり、木曜日以外の平日(月曜、火曜、水曜、金曜)は全て手術日ですので、日程調整も比較的容易かと考えられます。

生活習慣病に注意

今までの話は病気になってしまった後の話ですが、そもそも心房細動にならないように心掛けることが重要です(一次予防)。心房細動の原因としては、加齢性変化もありますが、それ以外にも高血圧、糖尿病、肥満、飲酒、喫煙、睡眠時無呼吸症候群といった生活習慣病の関与が知られています。

 コロナ禍で外出が減少して体重が増えた、という方もいらっしゃいますが、外食の機会が減ったことは減量する良い機会だと思います。仕事をされている方でリモートワークになっているのであれば通勤時間が減った分、運動をしてみることをお勧めします。自宅にいても運動はできますし、早朝や夜などの人が少ない時間を利用し、散歩やジョギングなどを日々の習慣にする良い機会であったりもします。

 コロナで変わってしまった生活を悲観的に捉えるのでなく、新しい生活様式を上手く利用する事を考えてみるのも良いと思いませんか? 相談していただければ、一緒に最適な方法の提案を考えさせてもらいます。

Q&A

Q 健診で不整脈と言われたけど、どうすれば良い?

A 不整脈の中でも治療を必要としないもの、必要とするものが大きく分かれます。追加検査の指示がなければ基本的には様子見で良いですが、心配なら”かかりつけ医”にご相談頂き、必要時はご相談ください。


Q 不整脈だけどペースメーカーを入れなければいけない?

A 上述の通り、ペースメーカー治療は”徐脈性”不整脈といって脈が遅い方への治療となり、頻脈性不整脈の方の場合、ペースメーカーは不要です。しかしながら、徐脈頻脈症候群といって徐脈性不整脈と頻脈性不整脈を併発している方もいらっしゃり、その際はペースメーカー治療が最初に選択される事があります。


Q 抗血栓薬を内服して出血が良く起きて困っているのだけど。

A 抗血栓薬は血栓が出来ないようにする薬で、心房細動で出来る血栓は左心房の左心耳という部分に出来ることが一般的です。心房細動があっても抗血栓薬が飲めない方には、その血栓が出来る温床となっている左心耳を塞いでしまう左心耳閉鎖術という治療もあります。


用語解説
  1. 洞結節 心臓の右心房上部、大静脈の開口部近くにある特殊な組織。自動的に一定のリズムで興奮する。その刺激が心臓全体に伝わると心拍が起こる。洞房結節ともいう。
  2. カテーテル 医療用の柔らかい管。血管や消化管、尿管などに挿入し、薬剤や造影剤の注入、体液の排出などに用いられる。用途により太さや材質はさまざまだが、心臓用には特殊プラスチックが用いられることが多い。


循環器内科 専門治療